学生・フリーターキャッシングガイド

「学生・フリーターキャッシングガイド」のコンテンツ

【収入次第】学生がお金借りたい時に貸してくれる会社はある?

学生ローン

学生がお金を借りたい時でも、キャッシングなら問題なく借りられます。大手の消費者金融はすべて、学生でも借入可能となっていますし、銀行カードローンでも半分程度は借入可能です。

学生がキャッシングをするための条件

学生がキャッシングでお金を借りるための条件は、主に下の2つです。

  • 20才以上であること
  • 自分のアルバイト収入があること

キーワードだけ書くと「20才・アルバイト」ということですね。当然ですが、アルバイトをしていなければ借りても返済できるわけがないので、自分の収入が必要というのは、当たり前すぎるくらい当たり前と言っていいでしょう。

逆に言えば、そういう当たり前の条件を満たしているだけで借りられるので、学生だからといって、キャッシングが難しいということは特にないといえるのです。

未成年・10代はキャッシングできない

年齢制限が20才以上からとなっている…ということは、18才・19才などの未成年・10代の学生については借り入れができないということです。これは世間的な感覚でも納得ができるでしょう。「お酒はハタチから」というのと同じです。

一応、法律的には未成年でも借り入れしていいことになっています。ただ、民法に規定されている「未成年者の契約取消権」というものがあって、未成年が親権者の同意書無しで締結した契約は、破棄していいということになっています。つまり消費者金融や銀行カードローンが18才・19才の学生に対して融資をしようとすると、「親権者の同意書の提出を要求しなければいけない」ということになるのです。

親権者の同意書が必須ということは、当然親バレするということです。なので、ほとんどの学生は申し込みしてきません。(しようとしても親に止められるでしょう)

親権者の同意書のチェックという、審査の作業が増えてコストがかかる割には、売上は伸びないわけです。これでは、どのキャッシング業者も手を出さないというのは当たり前でしょう。なので、法律的には未成年でも借入可能なはずなのに、実際にはどこでも10代・未成年には融資していない…というわけです。

月収がいくらあれば借入可能なのか

少々法律的な話になりましたが、実践的な話に戻りましょう。学生がカードローンでお金を借りるためには、月収は大体どのくらいあればいいのか―。これは「8万円前後」が一つの目安となっています。

勤続年数や勤務先の安定度など、状況・条件によっては月収5万円でも審査に通るということはあるようですが、これはギリギリのギリギリのラインと思って下さい。やはり多くの学生さんが審査に通るレベルとなると「月収8万円」となります。

月収8万円だと「年収96万円」ということで、ほぼ100万円の年収があるということですからね。これだと、消費者金融でも銀行カードローンでもかなりの確率で審査に通りやすくなる…といえます。

最初の借入枠は10万円から

一部の例外を除外すれば、ほとんどの学生のキャッシングでは、借入可能金額は10万円からスタートします。それで借入・返済の実績を積んでいけば、徐々に増額されていく…というシステムですね。

かなり年収がある学生であっても、やはり最初は10万円から始まることがほとんどと考えて下さい。理由は下の通りです。

  • 学生なので、精神的に不安定である
  • そもそも、借り入れが必要になった時点で信用度に疑問符がつく

この2点です。学生で年収100万円以上など稼いでいたら、確かにすごいです。しかし、それだけ稼いでいるのに、学生の身分でどうしてさらにキャッシングが必要になるんだ?という疑問も湧くわけですね。「一体何にそんなお金を使っているのか」と。

何か家庭の事情で仕方ないことがあるかも知れませんが、その場合は大抵、奨学金や生活福祉資金など、公的な組織の支援を受けられるわけです。あるいは銀行の教育ローンなどの選択肢もあるでしょう。

そうではなく、消費者金融や銀行カードローンなどのキャッシングからお金を借りようとしているのは「やはり、何か浪費をしている可能性がある」と判断されるわけです。(音楽活動などがよくあるパターンですね)

そのため、仮に年収が高い学生であっても、最初は信用度を確かめるために、10万円の借入枠からスタートすると考えて下さい。

消費者金融・銀行カードローン、どっちがいい?

学生がお金を借りるには、銀行カードローンと消費者金融どちらがいいか。これは明らかに消費者金融です。理由は下の通りです。

  • 銀行カードローンは「学生融資不可」の所が多い
  • そもそも、学生のキャッシングはすべて小口借入である
  • 小口借入の場合、消費者金融の方が向いている

以下、これらの理由・メリットについて説明していきます。

銀行カードローンは「学生不可」の所が多い

たとえばイオン銀行カードローンBIG・しずぎんカードローン・横浜銀行カードローンなどは、学生のキャッシングはできないようになっています。横浜銀行・静岡銀行のどちらも地方銀行ですが、地方銀行のカードローンは学生のキャッシングに対応していないというパターンが多いです。

他の大手の銀行カードローンについては、学生の借入資格については明記していない所がほとんどです。それらの金融機関については「融資するかどうかは、ケースバイケースで判断する」ということなのでしょう。

銀行カードローンの学生融資は条件も多い

また、学生のキャッシングができると明記されている銀行カードローンでも、何かしらの条件がついていることが多いです。たとえば、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」では、学生の借り入れは親権者の同意書が必須という条件設定になっています。

先にも書いた通り、親権者の同意書が必須ということは必ず親バレするということです。その条件でも借り入れをしたいという学生はあまりいないでしょう。

(そもそも、親に借り入れを相談する時点で、大体の親は許可しないはずです。代わりにお金を出してくれるかも知れませんが、相当な説教が待っていることも確かです。説教してもらえる家庭の方が幸せだと思いますが)

何はともあれ、銀行カードローンで学生がお金を借りるということは、このように「申し込み資格」の段階から、かなり厳しいのです。ましてそこから借入審査があるわけですから、学生のキャッシングとしては、かなりハードルが高めと考えていいでしょう。

小口借入なので、消費者金融で十分

そもそも、学生がキャッシングするということは必ず小口借入です。本人がどれだけ高額キャッシングをしようとしても、先に書いた通り10万円までの与信枠で止められる…ということが多いです。

そして、小口借入だったら、短期間で完済できますし、そうした「少額・短期間」の借り入れだったら、むしろ消費者金融の方が低利息という事実もあるんですね。アコム・プロミス・アイフルだと「30日間無利息」というサービスがあるので、これを活用して短期間で全額返済すると、みずほ銀行・三井住友銀行などの一般的な銀行カードローンよりも、むしろ消費者金融の方が低利息になるという逆転現象が起きるのです。

なので「消費者金融で十分」というよりはむしろ「消費者金融の方がいい」というくらいなんですね。金利・利息面を考慮しても。ましてそこに「審査の通りやすさ」というメリットが加わるわけですから、学生の借り入れで消費者金融を選んだ方がいいというのは、納得していただけるでしょう。

学生専用ローンでは借りない方がいい

否定するわけではありませんが、いわゆる学生専用ローンについては、あまり利用をおすすめすることはできません。理由は下の通りです。

  • ATMで借入・返済できないので不便
  • 電話審査や郵送があるので、審査も面倒
  • ごくまれに悪徳業者も混じっている

この3つの理由です。以下、詳しく説明します。

ATMの借入・返済ができないので不便

大手の消費者金融だったら、街中のあちこちに、モビット・プロミスなどの看板を掲げた建物があります。あの中に専用ATM・自社ATMがあり、そこで利用手数料なしで借入・返済できるようになっています。

また、手数料はかかりますがコンビニATM・銀行ATMでの返済・借入もできますし、モビット・プロミスの場合は三井住友銀行ATMも無料で使えるというシステムになっています。

つまり、アコム・アイフル・ノーローンなどの大手の消費者金融の場合は、街中のあちこちで、借入・返済できるATMがあるわけですね。これに対して、学生専用ローンのような中小業者の場合は、ATMが使えず、いちいち「銀行名・支店名・口座番号」などを入力して振り込みによる返済をしなければいけない…ということで、非常に面倒なのです。

電話審査や郵送があり、審査も面倒

また、中小の消費者金融はネット完結の審査が整備されていない所がほとんどなので、審査も電話になります。年収や勤務先、勤務先の住所・電話番号・自宅の情報など、ありとあらゆる審査項目をすべて口頭で回答する必要があるのです。

もちろん、これは「正確な審査をする」という点では、良いことでもあります。そうした審査情報の内容だけではなく「話しぶり」からも、その申し込み者の信用度を判断することができるからです。

なので、良い審査方法でもあるのですが、急ぎでお金を借りたいという場面では、これは非常に面倒です。電話口で会話するだけでも1時間程度かかることもあり、かなり消耗します。

これに対して、大手の消費者金融の場合はネット申込みのみで「最短30分」という短時間で審査できるわけですから、明らかにこちらの方が楽なのです。身分確認資料などの郵送もありませんし。

まれに悪質業者も混ざっている

これが学生専用ローンをおすすめできない一番の理由ですが、「学生専用ローン」を名乗る違法業者も、ごくごく稀ではありますが、一部混ざっているのです。ほとんどの学生専用ローンの業者さんは、もちろんそのようなことはありません。しかし、やはりごく一部の例外として、悪徳業者が混ざっているという現実はあります。

学生は世間知らずですし、特に女子学生の場合は風俗店などで働くと、むしろ大人の女性よりも稼げるという事実もあります。そのため、反社会勢力が学生専用ローンに目をつけて商売をする…ということもあるのです。

そのような悪質業者に引っかかる可能性は、大手であればゼロです。こうした安全性を考えても、アコム・アイフル・モビットなどの大手の消費者金融で借りた方がいい、と言えるのです。

学生がお金を借りたい時・まとめ

以上、学生がキャッシングをしたい時に、どのような点を考慮しながらお金を借りるべきか…ということをまとめてきました。最後にいくつかのポイントを補足していきます。

返済実績を積めば、30万円程度も借りられるが…

学生のキャッシング枠は10万円から始まるということを書きましたが、借入・返済の実績を積んでいくことで、30万円程度まで増額されることはよくあります。人によっては50万円程度まで上がることもあるでしょう。

しかし、どれだけ増額されても、学生という身分は経済的に不安定であるということを忘れてはいけません。明日親が交通事故で亡くなるという可能性もゼロではないのです。どれだけ高年収な学生であっても、親が亡くなったらアウト…ということが多いはずです。

そうしたことも考えると、やはり学生が50万円などの高額を借りるべきではありません。せいぜい30万円までにしておくべきでしょう。

こうした点も(当たり前かも知れませんが)注意しながらキャッシングをしてみて下さい。

学生・フリーターキャッシングガイドに関連するその他の記事