初めてのキャッシングガイド

「初めてのキャッシングガイド」のコンテンツ

キャッシング残高は一括返済、ボーナス返済で減らしていこう

現金を握りしめて一括返済

当たり前ですが、キャッシング残高はとにかく早く減らすべきです。臨時返済・任意返済を積極的にし、ボーナスがある人はボーナス払いなども活用して、できるだけ早く完済するようにしましょう。

臨時返済のATM利用手数料は無料

臨時返済の方法はいろいろありますが、基本的にほとんどの人は「ATM」で返済します。このATMの利用手数料ですが、消費者金融の場合は専用ATM・自社ATMだったら、返済でも借り入れでも無料でできます。

銀行カードローンは、自行ATMは全て無料

消費者金融の返済だと、提携銀行ATMは基本的に利用手数料がかかります(一部の例外もありますが、後述します)。

これに対して、銀行カードローンは当然自らが銀行を仕切っているわけですから、その銀行のATMであれば当然手数料は無料です。また、他の銀行でも無料でできることが多くあります。

銀行同士は、お互いの利用客を増やすために、こうした提携をよくしているということですね。特にオリックス銀行・楽天銀行のような自行ATM・店舗を持たない「ネットがメインの銀行」だと、普段の預貯金業務から他行のATMと無料で提携しているので、特に他行ATMでの返済がやりやすくなっています。

(なので、意外かも知れませんが、借入・返済の手数料に関しては、三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行などのメインバンクよりも、楽天銀行などの方が有利なのですね。)

消費者金融は自社ATMはすべて無料

先に書いた通り、消費者金融はそれぞれの看板の建物の中にある「自社ATM」だったら無料で借入・返済できるようになっています。逆に提携コンビニATM・提携銀行ATMについては手数料がかかるというのが難点で、この点では銀行カードローンに軍配が上がります。

銀行カードローンの場合は、自行や提携銀行のATMだけではなく、提携コンビニATMも大体無料で利用できるからですね。みずほ銀行カードローンなど、大手の銀行カードローンでも提携コンビニATMが有料になる例はありますが、これは例外的なもので、ほとんどの銀行カードローンは「提携コンビニATMも手数料無料」となっています。もちろん、一部のコンビニだけではなく、ほぼすべてのコンビニです。

(ただし、イオン銀行カードローンBIGでセブン銀行ATMを使うことはできません。セブンイレブンとイオンモールはライバルだからです)

プロミス・SMBCモビットは、三井住友銀行ATMも

先程書いた「消費者金融の例外」というのは、SMBCモビット・プロミスのことです。プロミス・SMBCモビットは三井住友銀行ATMを無料で使えるようになっているんですね。言うまでもなく、三井住友銀行ATMは全国に大量にあります。それに加えて、プロミス・SMBCモビットそれぞれの専用ATM・自社ATMも使えるわけですから、ATMでの返済・借入については、大手の消費者金融の中で一番有利なのはSMBCモビット・プロミスと言っていいでしょう。

臨時返済はネットバンキングでもできる

ここまではATMを利用した早期返済・臨時返済について書いてきましたが、ATMではなくオンラインバンキングを使って返済する…という方法もあります。これもATMと同様に(人によってはATMよりも)便利な返済方法なので、このやり方について説明します。

パソコンやスマホで、24時間いつでも可能

ネットバンキングというとパソコンのイメージがあるかも知れませんが、スマートフォンやタブレットでも利用できるようになっています。むしろUFJダイレクトなどは最近システムの変更があって「スマホアプリでワンタイムパスワードを表示して、それを入力しなければ使えない…という風になっています。

(一応他の方法もありますが、スマホのワンタイムパスワードの方が、断然便利になっています)

このように、三菱東京UFJ銀行のような最大手の銀行でも「スマートフォンを持っていないと、パソコンでのオンラインバンキングの使用も難しくなる」という変更を加えているわけですね。このくらい、オンラインバンキングの世界でもスマートフォンの存在感は強くなっているのです。

オンラインバンキングの登録が必要

当たり前ですが、ネットバンキングによってキャッシングの返済をするには、事前にSMBCダイレクト・UFJダイレクトなどのオンラインバンキングに登録しておく必要があります。

こうした登録の手続きを面倒に思う方もいるかも知れません。しかし、特にネットショッピングをする方など、オンラインバンキングが使えるのと使えないのとでは、かなり大きな違いがあります。

特にネットバンキングが使えると、モバイルレジというサービスが使えます。これはPay-easy(ペイジー)などを経由して、税金や公共料金などの支払いもできるというもので、特に税金類の支払いで非常に便利です。

このモバイルレジを利用するにもオンラインバンキングが必要ですが、現代では年々「オンラインバンキングを使えるのが当たり前」という雰囲気になってくるでしょう。(すでにネットが当たり前になっているように)

このまま、スマートフォンやタブレットもお年寄りまで当たり前になり、やがては3Dプリンタなども普通になるのでしょう。テクノロジーの進化には遅れないようにしたいですね。

任意返済・一部繰り上げ返済について

ここまでは臨時返済のやり方について、ATM返済やオンラインバンキングの返済を紹介してきました。途中で「任意返済・一部繰り上げ返済」などの別の単語がしばしば出ていたので、少し困惑した方もいるかも知れません。

臨時返済と同じ意味で使われる言葉として、下のような金融用語があります。

  • 早期返済
  • 一部繰り上げ返済
  • 途中返済
  • 追加返済

一部繰り上げ返済・任意返済などは正式なキャッシング用語ですが、その他は慣例的に使われているものです。「任意返済」というのは、毎月決まっている「約定返済」と違って「自分の自由意志=任意」で返済する…という意味ですね。

一部繰り上げ返済というのは、「繰り上げ返済=全額返済」のことなので、そこまではいかないけど「一部返済します」という意味です。

このように、臨時返済については多くの呼び方がありますが、全部同じ意味だと考えてOKです。

ボーナス払いで一気に残高を減らす

特に会社員・OL・公務員の方々などで、ボーナスをもらえる方の場合は、ボーナス払いも併用することによって、かなり早期完済に近づくことができます。ここでは、キャッシングのボーナス払いについて書いていきましょう。

事前に約束する必要はない

たとえば住宅ローンのボーナス払いだと、「ボーナスが出る月には、いつもより10万円多く返済します」と言うような約束を最初にしておきます。しかし、消費者金融・銀行カードローンなどのキャッシングのボーナス払いは、このような事前の約束・契約は不要です。ボーナスが出たので、気まぐれで返済したいだけ返済する…というやり方でいいんですね。「気まぐれ」というと語弊があるかも知れませんが、イメージとしてはそのようになります。

そのようにハッキリと返済金額が決まっていないだけに、キャッシングの返済でボーナス払いができる方は意外と少ないです。ついつい、その大金を見て「前から欲しいと思っていたもの」を買ってしまうわけですね。

気持ちはわかりますが、人間のほとんどの買い物は無駄に終わることが多いですし、何より現時点で借入残高があるならそれを返済することが優先です。なかなか難しいかも知れませんが、借金返済や税金の支払いは、何にも増して優先すべきものなのです。

(恋愛などの方が大事、という方もいるかも知れませんが、大体こういう「やるべきことを無視して追う楽しみ」は、長続きはしないものです。本当の愛情ではない、ということが多いのです)

何はともあれ、住宅ローンや自動車ローンの返済と違って、銀行カードローン・消費者金融のボーナス払いはとてもシンプルで簡単なものです。できるだけ買い物で浪費することを控え、大きい金額を返済に回すようにしましょう。

ボーナスを当てにしすぎないこと

キャッシングでもその他の借り入れでも、ボーナス払い電通すべき点は「ボーナスを当てにし過ぎてはいけない」ということです。言うまでもないですが、下のようなリスクがあるからです。

  • ボーナス自体がカットされるかも知れない
  • ボーナスは出ても、減額されるかも知れない
  • ボーナスは予定通り出ても、その他の支出があるかも知れない

どれも当たり前と言えば当たり前ですが、この当たり前のことを忘れている方、直視していない方が多く、特に住宅ローンのボーナス払いができなかったことをきっかけに、キャッシングをしまくって、そのまま多重債務者になったというパターンが非常に多いんですね。

消費者金融・銀行カードローンなどの借り入れの場合は、住宅ローンのように高額ではないので、ボーナス払いで行き詰まってもそれが致命的となることはあまりありません。月々の返済金額があまりに多い人の場合はなることもありますが、それは「ボーナス払いが悪かったというより、そこまで借入総額を膨らませた」ことが悪いのであって、ボーナス払い自体のリスクは全然ないのです。

(そもそも、住宅ローンのようにはっきりボーナス払いの金額などを約束するわけではないですからね)

つまり、キャッシングの返済では、ボーナス払いの行き詰まりもそれほど怖いものではないのですが、それでも「あまり当てにしすぎない」ということは意識しましょう。何にでも言えることかも知れませんが。

クレジットカードのボーナス払いはお得

銀行カードローン・消費者金融と違って、クレジットカードにはボーナス払いというシステムがはっきりあります。これは非常にお得なので、ぜひ有効活用すべきでしょう。

何がお得かというと、半年間ショッピングした分を借りたままでも、利息を払わなくていいということ。「ボーナス一括払い」という名前の通り「一括払い」という扱いになるんですね。

クレジットカードを利用している方ならわかるでしょうが、一括払いなら利息・手数料はかからないのです。そして、ボーナス一括払いだと「1ヶ月だけでなく、次のボーナスの時までずっと無利息で待ってくれる」わけですね。いわゆる「神対応」に近いのですが、一応下のような注意点もあります。

  • ボーナス一括払いに対応していない店舗も多い
  • 調子に乗って買いすぎると、とんでもない金額になる

具体的にどのようなお店がボーナス一括払いを多く採用するかというと「ブランド品店」などです。こうしたお店では「コートが一着30万円」などというのはよくあります。これを現金で買うのはもちろん、翌月一括払いでも、ほとんどの人にとっては難しいわけですね。

普通の分割払いやリボ払いだと利息がかかってしまうし…。と悩んでいるお客さんの背中を押すのが「ボーナス一括払い」なのです。「利息もかからないし、ボーナスで払えるし、どうです?」というわけですね。

何となく分かったと思いますが、このシステムは消費者にとって有利な反面、有利な分、誘惑も強くなるのです。普通に利息を払う方がまだ「不利」という苦味がストッパーになるので、浪費のリスクは下がるわけです。

こうして見ると、どんなサービスでも一長一短なわけですね。何はともあれ、クレジットカードのボーナス払いにはこうしたシステムもあり、うまく使えば非常に有利に買い物をできます。

キャッシング残高の減らし方・まとめ

以上、キャッシング残高の効率的な減らし方や注意点についてまとめてきました。最後にいくつか精神的・本質的なポイントを補足します。

方法自体は簡単だが、収入を得るのが重要

結局、キャッシングの早期返済というのは、やり方としては何も特別なことはないのです。ATM返済・オンラインバンキング・銀行振込など方法はいろいろありますが、その程度のことは、誰でも10秒で理解できるでしょう。

問題はその先で、そもそもお金はどうするのか?ということなのです。結局早期完済ができるかどうかは、アルバイトなどを増やして、収入をアップできたかどうかなのですね。あるいは、支出を大幅に減らすことができたかどうかです。

当たり前過ぎて「耳タコ」かも知れませんが、結局「収入を増やし、支出を減らす」という王道を歩むしかないわけですね。

家計簿をつけるのは効果的

これもよく言われていて、多くの人が実践していないことでしょうが、特に出費を減らすには「家計簿をつける」というのが効果的です。最近は、スマホアプリで、レシートを撮影するだけで自動的に家計簿をつけてくれるというサービスも多く登場しています。ただ金額や商品名を記録するだけではなく、「嗜好品・食費・雑費・交際費」というように科目も分けてくれるなど、お金の使い道全般を見直すのにも役立ちます。

もちろん、これを使うためにはスマートフォンを持つ必要がありますが、このやり方だったら、毎日家計簿をつけることが性格的にできないという方でも、無理なく続けることができるでしょう。

こうして自分の支出を客観的に振り返る訓練をしていると、キャッシングの返済で役立つだけではなく、その後の収支のバランスをずっと改善していくことにもつながり、長期的なメリットも非常に大きいといえます。

初めてのキャッシングガイドに関連するその他の記事