キャッシングコラム

「キャッシングコラム」のコンテンツ

婚活のためにキャッシング!お金を借りて恋人ゲット

婚活のイメージ

私はつい最近、アイフルでキャッシングをしました。年齢は27才で、派遣社員のOLです。

この年齢で派遣社員というのはそろそろまずいなと思っているのですが、なかなか正社員になる口がないのと、英語事務のスキルで割と派遣社員でもいいお給料をもらっているので、個人的には満足しています。

ただ、やはり20代のうちに結婚したいと思い、逆算すると、もう結婚前提のお付き合いをできる彼氏を作る必要があるなと思い、婚活パーティーに参加することにしました。ただ、その費用がなかったので、アイフルのSuLaLiというレディースローンを使ってお金を借りた…という体験談です。同じ女性で、特に婚活中の方に参考にしていただけたら幸いです。

単発のパーティーだと、少額だが…

冒頭の体験談の流れを読んで「婚活パーティーって、そんなに参加費かかる?」と疑問に思った方もいるでしょう。その通りで、単発のパーティーだったら、それほど参加費もかからないのです。女性だったら6000円とか、そのくらいの費用で参加できるパーティーがたくさんあります。

しかし、1回で理想通りの恋人を見つけるのは、まず不可能なのですね。妥協すればいくらでも恋人は作れるのですが(というと少々自慢っぽいかも知れませんが)、私はやはり妥協はしたくなかったので。

仕事で妥協するのは許せるが…

こういうと仕事を真面目にやっている方に失礼かも知れませんが、私も別に仕事で手を抜いているわけではありません。しかし、仕事で「自分の能力や学歴だったら、このくらいの職場だろうな」と思うのと、恋愛や結婚で「自分のスペックだったら、このくらいの相手だろうな」と思うのは、何か違う気がしませんか?

もちろん、王侯貴族と結婚できるわけではないし、芸能人と付き合えるわけでもないので、やはり何らかの妥協は、恋愛・結婚でも必要になるとは思うのですが…。それでも、私の哲学とかプライドとして、「自分と釣り合うのは、この程度の男性だろう」というような感覚で付き合ったり結婚したりするのは、絶対にしたくなかったのです。この気持ちは、女性より男性の方が意外と理解してくださるかも知れません。

(女性の方が割と現実を見ていますからね)

年収1000万円の男性と結婚したい

これが私の婚活でお金がかかった最大の理由なのですが、私は年収1000万円の男性と結婚したいのです。年収1000万円ジャストでなくてもいいのですが、大体950万円以上ですね。今は無事に、そういう男性と結婚前提で付き合っています。

こういうと「お金がすべてじゃない」とか「お金でしか人間を見ていないのか」と思われるかも知れませんが、私の経験からいうとそれは違います。年収1000万円以上の男性は、大体努力家で、約束を守れる真面目な人です。私は大学時代に読モをやっていて、そういう男性と当時から何人もお付き合いしていたのでよくわかります。

逆に卒業後OLとして働き始めたら、バンドマンのフリーターの男性と付き合ったので、お金がない男性の人生がどういうものかも知っています。決して否定するわけではありませんが、そのバンドマンの男性が追っていた「夢」というのは、「みんなが見る、わかりやすい夢」だったと思います。

何というか、子供が「パイロットになりたい」というのと同じで「そんな夢なら、誰でも見られる」というような「ありきたりな夢」だったわけですね。もっと地味な仕事で「俺はこのために生きている」と言える人の方が「夢がある人」だと今は思います。

(途中からそれには気づいていたのですが、バンドマンの男性は超イケメンだったので、デートしている時の周りの女の子からの羨ましそうな視線が快感で、結局4年ほど付き合っていました。ほとんど私がパトロンみたいな感じになっていましたが)

私が今回の婚活(といっても短期間で成功しましたが)で年収1000万円以上の男性のこだわったのは、そういう反動もあります。やはり「男は地味でも、堅実かつ誠実に働いて、稼いでいる人に限る」と思ったのです。なので、同じ年収1000万円でも成金みたいな人はお断りでした。「どこの会社でも、この人にだったら年収1000万円払うだろう」というような人が、私の第一希望でした。

9回目のパーティーでようやく見つかる

私の結婚観とか恋愛観の話が長くなりましたが、こういう強いこだわりがあったので、婚活パーティーもなかなか数回で成功…というわけには行きませんでした。

私は自分でいうのも何ですが割とモテる方なので、そこそこいい男性からのアプローチはたくさんありました。一般的な27才の女性だったら、この辺でてを打っているだろうな、というイケメンの男性や年収800万円くらいのちょっとおじさんが入った男性は、いくらでもいました。

しかし、先に書いた通りやはり私は結婚・恋愛に関しては妥協をしたくなかったので、それらの男性とのお付き合いはお断りしました。年収800万円の男性については、仕事ができる方で学ぶことが多かったですし、あちらも「食事やお茶だけでも、これからもしたい」と言ってくださったので、何度かお会いしましたが。ルックスだけの男性は、お茶をすることすらありませんでしたね。

(もうこの年令になって、結婚相手にハッキリとした目標があると、いくらイケメンでもお茶する時間すらもったいないと感じます。私がお金持ちで、働かなくてもいい状態だったらいいんですけどね。現実には仕事があるので)

そうやってシビアに男性を選びつつ、私自身もシビアに判定されるような、高スペックの男性限定の婚活パーティーに顔を出しているうちに、ようやく理想と思える相手が見つかりました。実に9回目の婚活パーティーでようやく…でした。

アイフルのSuLaLiで、何度か借りた

以上、キャッシングの体験談というより私の婚活の体験談が長くなったので、ここからは借り入れについて重点的に書かせていただきます。私がお金を借りたのは、冒頭にも書いた通り、アイフルのSuLaLiという女性向けローンです。

なぜSuLaLi(スラリ)で借りたのか?

私がSuLaLi(スラリ)を選んだ理由は、最高限度額が10万円と少額で、借りすぎる心配がないということでした。一応私はそれなりにお給料も良かったし貯金もあったので、そんなに高額のキャッシングは必要なかったのです。

婚活を始めた時点では、借り入れ自体まったく不要だと思っていたのですが、思っていたよりも持久戦になったので…。(パーティーの参加費だけでなく、ドレスの費用やヘアメイクのお金もかかりますしね)

なので、一応少額だけ借りたいということで、アイフルのSuLaLiを選びました。利息を払うのは何となく嫌だったので、借りては返済、借りては返済を繰り返し、できるだけ借入残高が小さくなるようにしていました。結局最初に借りてから4ヶ月程度で、無事に全額返済して解約しました。(前述の通り、婚活も無事に成功したので)

レディースキャッシングは女性でも申し込みやすい

私はSuLaLiしか知りませんが、このような女性向けローン(レディースローン)の場合は、初めてキャッシングをする女性でも非常に申し込みやすいと思います。サイトも女性向けにおしゃれに作られていますし、オペレーターさんも当然全員女性です。

また、最高限度額が10万円までということで、審査もかなりスピーディーで通りやすくなっているという印象があります。他の消費者金融の審査などを受けたことがないので、SuLaLiが審査に申し込みやすいのかどうかはわかりませんが、それでも「最高限度額50万円までOK」というようなキャッシングと比較したら、10万円までしか借りられないSuLaLiの方が、審査に申し込みやすいのは自明の理でしょう。

審査は30分で、あっさり終了

アイフルの公式サイトにも書かれている通り、SuLaLiの審査はわずか30分であっさり終わりました。アイフルの普通のキャッシングでも最短30分で終わるようですが、特にSuLaLiは早いのではないかと思われます。(理由は先に書いた通り、借入枠が10万円までの少額キャッシング専門だからです)

あと、私の今の交際相手の男性が金融系の職業なので彼から聞いた話ですが、やはり若い女性だと、キャバクラなど高収入の働き口がいろいろあるので、返済不能になる確率が、年配の女性より低いそうです。なので、その点でもキャッシングの審査で有利だそうですね。

私は漫画を読むのが趣味なので、『闇金ウシジマくん』も読んだのですが、その中で丑嶋が「若い女だったらいくらでも貸すぜ」みたいなことを言っていたと記憶します(少し言い回しは違うかも知れませんが、こういうエピソードは間違いなくありました)。

もちろん、アイフルは東証1部の大手ですし、そのような働き方で女性に返済を期待する…ということはないと思います。そこまでしなくても、アイフルのような最大手であれば、申込者など引く手あまたでしょうし。女性に水商売をして返済してもらうようなキャッシング業者というのは、たとえば丑嶋のカウカウファイナンスのようなヤミ金や、あるいは『ナニワ金融道』の帝国金融のような中小業者だけだと思います。

何はともあれ、私が一応20代の若い女性(もう自信を持って若いと言えない年齢になってしまいました…)だったこともあってか、審査は驚くほどあっさり終わりました。それまでに消費者金融でキャッシングをしたこともなかったし、銀行カードローンでお金を借りたこともなかった…というのが良かったのかなと思います。

婚活のためのキャッシング・まとめ

私の婚活とキャッシングの体験談をまとめさせていただくと、女性は、理想の結婚相手を見つけるためだったら、キャッシングでお金を借りてでも、徹底的にお金をつぎ込むべきと思います。私の周りで高収入の男性と結婚した女の子を見ていても、やはり彼女たちは美容とか婚活につぎ込むお金が半端ではないです。

要は「肉食系」ということですが、私は「肉食でなければダメだろ」くらいに思っています。こう書くと肉食女子が嫌いな女性から反発を受けるかも知れませんが、男性にしても女性にしても、肉食でない人生になんの意味があるのだろうと思ってしまいます(この辺は価値観の違いなので、草食的価値観を否定しているわけではないのですが…)。

何というか、欲望が大事というより、私は「嘘をつかないのが大事」と思っています。つまり、本当は「イケメンと付き合いたい」とか「お金持ちの男性と結婚したい」と思っているのに、適当に妥協するのが、何となく「嘘をついている」と感じてしまうわけですね。

これは女性だけではなく男性でも言えることだと思いますが「自分に釣り合う相手はこの程度」と思うのは、相手にとっても失礼な気がするのです。

こういうことを考えて、さらに「相手を条件で見るのは失礼」という理想論をかざしてしまうと、おそらく結婚も恋愛もできなくなると思うので、人間を条件やステータスで見ることだけは、肯定していいと思いますが…。

何はともあれ、最終的には「自分が生きたいように生きればいい」「そのためにお金が必要だったら、お金を稼いだり、必要ならばキャッシングもすべき」ということだと思います。何が正しいかは自分が決めるということですね。超ゴーイングmy wayな結論になりましたが…(笑)。

キャッシングコラムに関連するその他の記事